食は一日単位で栄養素をバランスよく摂取する

食は私たちの身体と心を健やかに保つためにも生きていくうえでとても大切な役割です。これがなくては、私たちは生きてはいけません。自分達の生活をよりよくするために食物連鎖のなりたちのなか、生物の命を頂いているということを忘れずに暮らしていかなければなりません。そのうえで、バランスの良いしょくじをとることは色々なたべものを組み合わせることです。肉や魚だけでなく、野菜を使ったおかずをつけあわせにしてみたり、お昼に野菜を多くとれなかったら、夜は野菜をメインにしてみるなど一日という単位で考えて摂取できるように献立を考えることも大切です。調理方法には様々な種類があります。ゆでる、蒸す、あげる、焼く、あえるなど飽きない工夫を料理に取り入れることも大切です。元気な身体を作るのはしょくじから始まります。特に一日の始まりである朝ごはんは、絶対に食べましょう。朝食をたべると、活動に必要なエネルギーが体にいきわたり、体も脳もしっかりと働ける状態になります。朝から勉強や仕事で活躍できるよう朝のしょくじは特に大切です。